当クリニックでは、以下の検診を行っています。
ご希望の方はまず電話等でご連絡ください。

特定検診

写真 1.特定健診
平成20年から全国的にスタートした、「メタボリック シンドローム」をメインテーマにした健診です。
職場での健診や、住民健診もみな、この特定健診を中心として実施されています。

メタボリック シンドローム」は別名、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、内蔵に脂肪が過剰に蓄積した状態を意味しています。 内臓に蓄積した脂肪は、皮下脂肪とは少し性質が異なり、全身の血管の炎症(傷つける)や血栓を作りやすい状態にする悪玉物質の分泌や、血管を守る善玉物質を減少させて動脈硬化を進めるなどの悪い影響を及ぼし、次に重大な病気を起こす原因を作ります。
メタボリック シンドローム」がもたらす重大な病気、それは誰もが知っている、誰もが恐い、誰もが避けたい「糖尿病」「心筋梗塞」「脳梗塞」「慢性腎臓病」などです。
毎年1回、「メタボリック シンドローム」診断を受けましょう!!「メタボリック シンドローム」は生活習慣病ですから、生活習慣を改善して、将来の不幸を未然に防止しましょう。

・対象
実施年度4月1日現在の国民健康保険加入者のうち、その年度中に40歳から74歳となる加入者(以下「受診対象者」という。)を対象に実施します。
なお、妊産婦その他厚生労働大臣が定める方(海外在住、長期入院等)は対象者から除きます。
・項目 (お住まいの住所により違いがあります)
ア 問診(既往歴の調査、服薬歴や喫煙習慣の状況についての調査等)
イ 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
ウ 理学的検査(身体診察、自覚症状及び他覚症状の有無)
エ 血圧測定
オ 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
カ 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、r-GPT)
キ 血糖検査(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
ク 尿検査(尿糖、尿蛋白)
  ◎附加健診項目(長与町が独自に附加する項目で、受診者全員が受ける項目)
ケ 貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマクリット値)
コ 尿・腎機能検査(尿潜血、血清尿酸、血清クレアチニン)
  ◎詳細な健診項目(一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施する項目)
サ 心電図検査 シ 眼底検査

がん検診

写真 2.がん検診
「がん」は否応なくヒトの命を奪います。生活習慣病と異なり、自分の努力だけでは予防も治療も困難です。
しかも「がん」に罹ったヒトの命を確実に救う方法は「がん」を除去することだけです。
「がん」は早期に発見して、完全除去することで罹ったヒトの命を救えます。
「がん」の早期発見のために「がん検診」を受けましょう。
「がん検診」は肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんについて実施されています。
他の部位の「がん」は残念ながら現在のところ、検診は行われません。
(当院では子宮がん検診は施行しておりません)

・対象
実施年度4月1日現在の国民健康保険加入者のうち、その年度中に40歳から74歳となる加入者(以下「受診対象者」という。)を対象に実施します。
なお、妊産婦その他厚生労働大臣が定める方(海外在住、長期入院等)は対象者から除きます。
・項目 (お住まいの住所により違いがあります)
ア 問診(既往歴の調査、服薬歴や喫煙習慣の状況についての調査等)
イ 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
ウ 理学的検査(身体診察、自覚症状及び他覚症状の有無)
エ 血圧測定
オ 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
カ 肝機能検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、r-GPT)
キ 血糖検査(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
ク 尿検査(尿糖、尿蛋白)
  ◎附加健診項目(長与町が独自に附加する項目で、受診者全員が受ける項目)
ケ 貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマクリット値)
コ 尿・腎機能検査(尿潜血、血清尿酸、血清クレアチニン)
  ◎詳細な健診項目(一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施する項目)
サ 心電図検査 シ 眼底検査

・対象、項目
 肺がん  
 40歳以上 
 
 胸部X線撮影・必要者喀痰検査
 (65歳以上の人は同時に結核検診 実施) 
 胃がん  バリウムによるX線造影
 大腸がん
 便潜血反応検査 
 乳がん  40歳以上女性 
 視触診
 乳腺エコー検査および視触診
 

特定検診

写真 3.原爆被爆者検診
原爆被爆者の方は、そうでない方に比べて特定の病気(たとえば、血液病、肝臓病、甲状腺の病気など)に罹り易いことが知られています。
「がん」にも罹り易いといわれ、被爆後65年経過後の現在でも一般の方に比べ「がん」発症の危険性が高率であるとされています。

・内容
(1)一般検査
定期健康診断を年2回実施する他、被爆者の希望により、委託医療機関において年2回を限度として健康診断を実施します。
(2)精密検査
上記の一般検査の結果、さらに精密検査を必要とする被爆者に対して精密検査を実施します。
(3)がん検診
被爆者の希望により、委託医療機関において各種年1回を限度としてがん検診を実施します。
検査項目は胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、大腸がん、多発性骨髄腫です。