当医院では、可能な限り楽に検査を受けていただけるように、患者さんに一番あった方法で検査を行っています。

寝ている間に終わる苦痛がない内視鏡検査

最新の設備と最高の操作技術で痛みを和らげます。
内視鏡がどうしても苦手な方には、寝ている間に終わる苦痛がない内視鏡検査をお勧めしています。
今まで苦手だった多くの患者様より大変ご好評を頂います。
大腸カメラの場合も、長時間の痛みに耐えることなく、楽に検査を受けていただけます。
車でお越しの方も安全に帰宅できます。

鼻から入れる内視鏡技術 舌に触れず“オエッとなりにくり”

写真 従来の内視鏡よりずっと細い5.9mm技術が進歩し高画質カメラで、とっても見やすくなりました。
又検査を受けながら、会話や質問もできます。
人に優しい「内視鏡」の誕生で「次も鼻からで」という方が増えています。
※口から入れた時の嘔吐感が少ないのは咽頭反射を抑えたからです。
※従来の口からの内視鏡検査もできます。

径鼻内視鏡検査の特徴

写真 特徴その1 吐き気が少ない検査です。
風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなも ので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。
これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。
ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。

径鼻内視鏡検査の特徴

特長その2 検査中に話ができます。
口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。
しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と「痛くありませんか?」 「はい、大丈夫です」 というような会話ができます。
気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。

写真 特徴その3 体に優しい検査です。
鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありません。
麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく、検査終了後30〜60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転するともできます。