当院は禁煙外来の保険適応医となりました。
【注】禁煙外来は毎日午後のみの診療となります。

禁煙外来とは

タバコがやめにくいのは、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
また目覚めの一服や食後やお酒の席での一服など、それまでタバコを吸っていた状態になると急にタバコが欲しくなるという習慣的な依存などもあり禁煙を難しくしています。
これらの依存性に対して、喫煙以外の方法でニコチンを摂取しながら自然にニコチン摂取量を減らしていく「ニコチン補助療法」と日常生活や喫煙パターンの分析によるカウンセリングで、無理なく自然に禁煙が行えるようサポートを行っております。

診療内容

2006年4月より一部の病院で禁煙治療が保険適用となっております。
当院は保険適応のできる禁煙治療医療機関として認可されており、下記に該当される方は保険適応にて禁煙外来受診が可能となります。

写真 禁煙外来は、煙草(たばこ)をやめたい人向けに作られた専門外来です。
下記条件を満たした場合に、禁煙治療を行うことができます。


1.直ちに禁煙しようと考えていること
2.ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)が5点以上であること
3.ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
4.禁煙治療を受けることを文書により同意していること
保険の適用を考慮し、基本的に薬を用いた治療を行います。

通常、服用期間は12週間です。薬の飲み方は、1日2回食後に飲みます。
飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します。
12週間中、初診日を含め5回の診察を受けていただきます。1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。
禁煙によるストレスも、専門医として何でも相談に乗れますので、気軽に相談してください。

禁煙プログラム

タバコがやめにくいのは、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。
また目覚めの一服や食後やお酒の席での一服など、それまでタバコを吸っていた状態になると急にタバコが欲しくなるという習慣的な依存などもあり禁煙を難しくしています。
これらの依存性に対して、喫煙以外の方法でニコチンを摂取しながら自然にニコチン摂取量を減らしていく「ニコチン補助療法」と日常生活や喫煙パターンの分析によるカウンセリングで、無理なく自然に禁煙が行えるようサポートを行っております。

ニコチンパッチ
チャンピックス錠
治療内容
治療前の問診・診療   禁煙治療のための条件の確認
・初回診療
・再診1(2週間後)
・再診2(4週間後)
・再診3(8週間後)
 ・再診4(12週間後)
 1. 診察
 2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
 3. 禁煙の実行、継続に向けてのアドバイス
 4. ニコチンパッチ・チャンピックス錠の処方

禁煙補助薬

ニコチンパッチ ニコチンパッチは喫煙本数の多いヘビースモーカーに効果が高いといわれています。
タバコを吸いたくなったら貼って、寝る前にははがします。
パッチを貼って5分後から効果が出てきて、タバコが欲しいという気持ちがなくなります。

チャンピックス チャンピックスは新しい作用機序に基づく、日本で始めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬です。
1.チャンピックスを内服することで、タバコを吸ってもニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合するのを妨げ、喫煙による満足感を抑制します。
2.チャンピックスがニコチン受容体に結合することで少量のドパミンが放出され、禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感が軽減します。

料金 全5回12週

  ニコチンパッチの場合 チャンピックスの場合  
  費用   自己負担額
(3割負担として)
 費用  自己負担額
(3割負担として)
 初診料+再診料 7,620円 2,286円 7,620円 2,286円
 ニコチン依存症管理料 9,620円 2,886円 9,620円 2,886円
 院外処方箋料 2,040円 612円 2,040円 612円
 禁煙補助薬 20,730円 6,219円 37,660円 11,298円
 計 40,010円 12,003円 56,940円 17,082円